物販アフィリエイト講座2回目となります。

前回の記事でまずはアクセスを集めるスキルが
ないと何もできないという内容をお伝えしました。
今回はその続き。

アクセスが集まったら早速物販を売ろう!!
と意気込む人が多いのですが、
その前にアクセス解析などを使って
サイト訪問者がどのようなキーワードで訪れているかを分析します。

※ブログタイトルなどでどのようなキーワードで呼びこむかを
あらかじめ絞っている場合は細かく分析する必要はありません。

 

なぜ、こんな遠回りな事をするのか?

理由は、

  • 広告を直接貼るのか?
  • ランディグページを短く書くのか?
  • ランディグページを長く書くのか?

をおおよそ決定するためです。

物販が売れないという人は明らかにここができていない場合が
ほとんどだと思われます。
では、まず私がいつもホワイトボードに書いているような
例をいくつか列挙してみます。

商品名単体→成約激近、とにかく広告誘導

購入、最安値→成約近い、とにかく広告誘導、ランディグページは反応により判断

安全、評判→成約やや近い、ランディグページへ一旦誘導

といった感じです。
商品単体で売る場合はこのように考えます。
トレンドアフィリエイトは基本的に成約から少し遠い
キーワードで集める事が多くなる傾向がありますのでランディグページは必要です。

 

例えば、最近ですとテニスの錦織圭選手が優勝するかどうか!?
ということでかなりのビッグトレンドが出ていました。

その時に

  • 錦織圭 決勝 日程
  • 錦織圭 決勝 放送時間
  • 錦織圭 決勝 いつ
  • 錦織圭 決勝 速報
  • 錦織圭 決勝 TV

とかで集客するアフィリエイターが増加しました。
この時に、色々と見ていたのですが
やっぱり上手いアフィリエイターさんは
キーワードと関連したランディグページを作り上げています。

少し成約に近いキーワードなのでランディグページは
必要になるのですが、この中でも

  • 速報
  • 日程
  • いつ

は成約にやや遠い。
結果を知りたい人や日付が知りたい人だからです。

ただし、放送時間やTVを調べている人は成約に近い。
なぜなら「試合を生で見たい!!」と感じている人だからです。

そういう人に、

「今すぐ見れる動画サイトがありますよ~。
WOWOWなら契約後すぐに見れるので決勝にも間に合います!」

みたいな形で誘導すれば一定の成約が出るわけです。

こんな感じで自分が呼び込んでいる、
もしくは狙う予定のキーワードを成約にどれくらい近いのか?
という事を考えましょう。

キーワードによって作るランディグページは全く異なってきます。
詳しくは次回の記事でお話するランディグページ作成編にて解説します。

次→物販アフィリエイト講座3.誰も教えないランディグページの重要性

前→物販アフィリエイト講座1.アクセスを集める

この記事を読んだあなたにオススメの記事です^^