グーグルアドセンスの警告がきたとき・・・

 

私は体が震えました。笑
今でこそグーグルアドセンス以外の収入源も確保できていますが
当初はグーグルアドセンスに収入の大部分を頼っていましたので。。

 

警告の種類にも色々とあるようですが
私が実際に受けた警告の種類を今回はご紹介したいと思います。

 

実際に警告を受けた体験談

私は基本的に規約に違反しないように気をつけて
記事更新するようにしているのですが
ある日急にグーグルアドセンスから警告がきました。

 

内容は要約すると以下のようなもの

 

「コンテンツの少ないページにアドセンス広告が
表示されているので即修正して下さい。」

 

この警告の原因としては具体的には無料ブログの
タグページにアドセンス広告を表示させていていたのが原因でした。

 

タブページは

 

「前田敦子 熱愛 画像」の記事はこちら

 

のように記事本文へ誘導するだけのページですので
コンテンツと呼べるようなものはなく確かに、こんなページに
アドセンス広告が貼られているのは広告主としても喜ばしくないですよね。

 

とういわけで速攻で修正したところ、
その後は全くアドセンス警告もされずに今に至ります。

 

実際にグーグルアドセンスの警告を受けて感じたことは
グーグルはコンテンツないor少ないページに広告を表示させることを
嫌うため文字数などにも注意
ということです。

 

特にトレンドキーワードで記事を書く時なんかは
2,3行書いても上位表示されたりしますので
手を抜いてしまいたくなりますが・・・

 

グーグルアドセンスのアカウント停止なんてなったら
たまりませんのでその点は注意が必要です。

 

具体的には私は「必ず最低500文字以上」は書くようにしています。
最近外注さんに指示を出すときは800文字以上にしていることが多いです。
コンテンツをよくしようとするとそれくらいの文字数にはなります。

 

芸能人の画像は著作権違反なの?

私は芸能人ブログを書く際に当初めちゃくちゃビクビクしてました。

芸能人の画像を貼ることは著作権違反なのでは?

という心配があったからです。

 

グーグルアドセンスの規約には著作権違反になるような
画像・動画などは違反になるという胸が書かれています。

 

ただ、実際には色んなサイトを見てみると
グーグルアドセンス広告が貼られているにも関わらず
芸能人の画像が貼られている事がほとんどです。

 

これは・・・と悩みましたが
結論を申し上げますと芸能人の画像利用についてはグレーなようです。

 

批判したり、アダルト的な画像を使わなければ
ある程度は許容されるというのが私の見解ですが
今のところは警告などはきていません。

 

グーグルアドセンスを長く活用しよう!

グーグルアドセンスから警告がきた場合は
焦りますがすぐに修正して二度と同じ過ちは犯さないようにしましょう。

 

私は収入源の多くをグーグルアドセンスからは
物販や情報商材などに移行していますがやはりグーグルアドセンスの
クリック率やクリック単価というのは魅力的です。

 

他にもクリック型広告はありますが
グーグルアドセンスと比べると報酬が少ない・・・

 

サイトを運営していて物販などで収益が上がらなくても
グーグルアドセンスの広告を貼っておけば収益は勝手に発生しますし
1ヶ月1000円稼ぐようなサイトが10個あるだけで月収1万円です。

 

グーグルアドセンスの規約に気をつけて長く活用していこう!

この記事を読んだあなたにオススメの記事です^^