今日、外注さんに頼んだ文章を見ていて
はっとした瞬間があったのでちょっと記事にしてみたいと思います。
とはいえ結構重要な事かも。。

 

まぁ外注さんに限った話ではないのですが
アフィリエイトブログを運営するに辺りPV数や滞在時間を
伸ばすために最も重要な基礎
かもしれません。

 

それが、改行と行間です。

 

改行と行間の重要性

改行と行間を意識していないアフィリエイトブログは
基本的にほとんど真剣に読まれていないものと考えた方がいいです。
自分自身に置き換えると分かるのですが読みづらいブログは即閉じます。

 

私はこのブログもそうですが基本的に改行と行間を
開けるようにして読みやすいように仕上げています。

 

例えば、、このブログがこんな感じだったらどうでしょう。

 

アフィリエイトブログを運営するなら絶対に改行と行間は必要です。なぜなら改行と行間を意識していないブログというのはほとんど読まれないからです。そうなると平均滞在時間も短くなりますしPV数も少なくなります。=ものが売れないということです。同じ文章を書くのでしたらやはり改行と行間については意識した方が絶対にいいです。それだけで報酬が大きく変わるのですから初期の段階でクセをつけておいたほうがいいですね。

 

上記の文章が永遠と続いていたら読みづらすぎます。
しかも、文の終わりが話の途中で区切られていますので
なんだか気持ちの悪い文章になってますね・・

 

読みやすいブログを心がけるなら改行と行間には気をつけましょう。
かくいう私もアフィリエイトを教えてくれたお師匠さんに一番初めに
文章は2~3行書いたら2つ改行を入れるといいよ。

 

と、アドバイスを頂くまで気づけませんでした。
読みやすい文章を書くことによって訪問者が多くの記事を
読んでくれるようになりますので重要ですね。

 

句読点の使い方が気持ち悪い・・・

これも結構やってしまいがちなミスです。
句読点の特に「、」をなぜか多用してしまうと気持ちの悪い文章が
出来上がってしまいますので注意が必要です。

 

昨日も外注さんに納品してもらった文章が、

 

アフィリエイトブログは、改行と行間の他にも、
句読点の使い方も、かなり重要なウェイトを、占めてきます。
どうしても、句読点が多すぎると違和感を、感じる文章に、
なってしまいがちですので、注意が必要です。

 

というような文章でした。

 

言い過ぎではなくこれはマジです。
真剣に書いた文章がこのような形で納品される事があります。
一応、初期の段階で説明しているので無意識でしょう。

 

なんだか感覚的に気持ち悪い文章になりますので
句読点の数が多くないかどうかというのは意外な盲点ですが
一応気をつけてみて下さい。

 

文字装飾と文章の幅

出来れば文字装飾もした方がいいです。
そうはいってもめちゃくちゃ綺麗にする必要はありません。

 

私も基本的には黄色マーカーと赤文字くらいしか使いません。
それだけでも重要なポイントを読んでもらいやすくなりますので
効果はあると思っています。

文字装飾についてはWindows Live Writerの記事
ご紹介していますので苦手な方は参考にしてみて下さい。

 

これも自分自身がブログを読むときを考えれば分かるのですが
文字だけで文字装飾がない文章というのは読みづらいです。

 

あと、文章の幅に関しても結構重要です。
私は基本的に右端はある程度揃えるようにして文章を書いています。
この記事も上の方から読むと分かると思いますが・・

 

右端が一定のところまできたら改行しています。
その方がサクサク読めますので改行する際に意識してみるといいですね。
私の好みなだけかもしれませんが・・・

 

重要なのは訪問者の気持ちを考えること

色々と細かい事を書いてきましたが一言で言ってしまうと
「訪問者の目線で考える」という事に集約されます。

 

人の目線を動かしぎると突かれてサイトを閉じますので
そうならないために目線をスムーズに動かす必要があります。

 

それが上述した、

改行・行間・句読点・文字装飾・文章の幅

というわけです。

 

トレンドアフィリエイトのブログとかはよく陥りがちなんですが
ほんの少しの工夫でサイトPVというのは上がりますので
もし今まで意識したことがなければ一度試してみて下さい。

 

1%でもPV数が伸びれば将来的に大きな報酬に結びつくことになります。

この記事を読んだあなたにオススメの記事です^^